平成19年 4月 法人発足(大学生3名、教員中心)

            任意団体としてキャリア教育 環境教育を行う

         10月 徳島県より国民文化祭などへの協力依頼を受ける

平成20年    4月   特定非営利活動法人TOKUSHIMA雪花菜工房 認可

           (県内最年少の理事平均年齢)

                     5月   特定非営利活動法人TOKUSHIMA雪花菜工房 設立

            地域コミュニティ推進活動を本格開始

                     9月    経済産業省よりにっぽんe物産市地域エージェントに選ばれる

         徳島県物産協会より雪花菜アイスクリームが阿波の逸品に選ばれる

      11月  徳島県物産協会より雪花菜アイスクリームが特選阿波の逸品に選ばれる

             (徳島県で8品目のみ)

平成21年  1月    FOOD ACTION NIPPON AWARD2009において徳島県で唯一の優秀賞受賞

                     7月    第3回ものづくり日本大賞青少年支援の部において優秀賞受賞

平成22年  11月    小松島市から委託を受け、地域資源を活かした観光ツアーを2回実施

平成23年    4月    地球環境基金助成活動で、エコリーダー養成講座を行う。

                               次世代のエコリーダー養成し、被災支援や徳島県のキャンプ団体で活躍している。

                   10月    赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート基金」助成事業を受託。

                      宮城県女川第二小学校のさざなみ太鼓復興支援活動を行った。

平成24年    1月    文部科学省より、復興支援事業を受託。

                                被災地を対象に継続的に行っている。

                 23年3月には被災地の小学校の卒業アルバムを作成し、24年12月は養成した

             エコリーダーと共に被災地へ赴き、支援交流活動を行った。

平成24年  6月     徳島県県民環境部より、徳島~女川笑顔の架け橋プロジェクトを受託。

        早稲田大学フリジヂストン連携プロジェクトW-BRIDGE事務局より受託し、

                                エコチャレンジャー養成講座の事業を行った。

                     7月     赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート基金」助成事業を受託し、8月・12月の支援交流活動を行う。

           8月     女川第二小学生との交流活動を行った。

平成25年    3月     カンボジアプノンペン事務所設立

         12月  徳島県より業務委託を受け、カンボジアプレイベン州にある、

          カンボジア-日本友好学園への、両国高校生による商品開発を通した学校運営の実践及び、モデル化事業を開始し                                    ている。このプロジェクトにおいては、現在進行中であり、一部の商品が完成し始め、市場流通を目指し、 プロ                                   ジェクトに取り組んでいる。